街の”社交場”[CAFE]へ    

 

 

 

「おかえり」「ただいま」「ありがとう」      

 

ひとり、部屋で呟いてみても、当たり前だけど返事と笑顔は返ってこない。

 

自分だけのパーソナル空間や時間も大事だけど

“今日あったこと”や“明日へのビジョン”を気軽に話せる

心温まるリアルなコミュニケーションがほしい。

 

そんな想いを抱く人たちの間で新たな住居スタイルが人気を博しているという、

 

 

「SOCIAL APARTMENT」    

ソーシャルアパートメント    

 

 

自分の空間や時間は確保された上で、住人が集える共有スペースがあり、

多くの人と心温まるコミュニケーションが図れる。

そしてMovieスクリーンやビリヤード、MTGルームに、屋上テラスなど、

個人では実現しづらいラグジュアリーで

ハイスペックな空間づくりが人気の理由。

 

 

そんな、人の心が温まる社交の場を“ CAFE ”として表現しました。

 

舞台はNew Yorkはsohoエリアの人々が集まる楽しげなSOCIAL APARTMENT。

Shop Nameはこのアパートの地番である

44 [ ダブルフォー ]

愛するこの街への想いを込めました。